交通事故被害者の示談交渉

交通事故被害者の示談交渉について紹介します

示談できない場合も

示談交渉は、どんなにプロフェッショナルが間に入っても、残念ながら交渉が成立しないケースも少なくありません。
その時々の状況によっても異なりますが、示談交渉が成立しないケースには、主にこのような状況が挙げられるでしょう。

まず、加害者の誠意が見えず、被害者が示談を成立させたくないというケースです。
加害者側が謝罪の意思が明らかにない、お金さえ払えば良いと思っているように見えるなど、どんなにお金を積んだとしても、加害者側に誠意が見えないという場合、交渉が決裂し、示談が成立しない可能性が高いと言えるでしょう。被害者側は特に、精神面が非常にデリケートになる方が当然多いですので、感情的になった結果、示談が決裂してしまう恐れがあると言えるでしょう。

次に、被害者の提示する示談条件をのむことができず、交渉が決裂する場合です。被害者が明らかに法外な金額ではないと示談を認めないという場合など、被害者側が最初から示談を成立させる気が無いような程、無茶な要求をしてきた場合、当然ですが交渉が決裂する恐れがあります。このように、プロに頼んだとしても交渉が決裂するようなパターンもありますので、ある程度は覚悟をしておく必要があると言えるでしょう。

示談をする方法

示談をする際方法としては、示談を当事者同士で行うというものと、それぞれ代理人を立てて行うという方法、主に二つの方法があげられます。それぞれには、このような特徴があると言えるでしょう。

まずはじめに、当事者同士で示談を行う方法ですが、こちらの場合は近年では少ないケースと言えますので、あまりないかもしれませんが、当事者同士で一対一ではなく、それぞれ証人となる方を連れて、話し合いを進めることが一般的であるとされています。
当事者同士ですと感情的になることも多く、話し合いがこじれてしまうと示談が成立しない可能性がありますので、注意が必要だと言えるでしょう。

次に、代理人を立てて示談交渉を行う方法です。それぞれが、保険会社の方や弁護士など、代理のプロフェッショナルを通して交渉を行っていく方法で、第三者が間に入る分、交渉がスムーズに進む可能性が高く、多くの場合、当事者だけではなく、こうした代理人の方が間に入るケースが多いと言えるでしょう。
あくまで客観的に、それぞれの意見を代弁して話し合いが行われますので、示談が成立ししやすいという点も一つの特徴です。このように、主に二つの方法で示談交渉は進められることが多いでしょう。

示談時に必要なもの

交通事故をはじめ、示談をする際には、いくつか用意をしなければいけないものがあります。ケースやパターンによっても異なりますが、主にこうした物が必要になると言えるでしょう。

まず、交通事故が起こった状況を把握するための、実際に警察が行った実況見分に基づくメモや、被害者の診断書など、交渉をするにあたり、交通事故の状況を詳しく見つめ直すための用紙が必要になるでしょう。こうした証拠を集めないと、交渉が進みませんので、必ず用意するようにしてください。

次に、筆記用具や印鑑などです。こちらは相手側の話を受けた際のメモ書きや、必要書類への記入の際に利用するものですが、こうしたアイテムの他にも、ボイスレコーダーなどの録音機器があると、非常に便利だと言えるでしょう。録音機器は必ず用意することをおすすめします。

そして、示談成立書です。こちらは示談交渉をした後の話になりますが、話の内容をまとめた、法的効力のある契約書を作成し、この示談内容に従うという旨の記入された用紙を用意して、それぞれ記入、捺印をする必要があるでしょう。このように、示談交渉の際にはいくつか必要になるものがありますので、事前に用意することが出来るようにしておきましょう。

交通事故の示談について

交通事故が起きた際に、被害者側と示談交渉を行う選択をされる方は少なくありません。示談が成立すれば、被害者に賠償金を支払い、刑事的責任が問われないケースがほとんどですが、示談を行う際には、主にこのような流れで示談交渉が行われるでしょう。

まず、示談交渉は、保険会社の人間や弁護士を通して行われることが多いと言われています。こうした交通事故のプロフェッショナルを通して話を行わないと、まとまるものもまとまらなくなる可能性が高いためです。反対に被害者側も、こうした代理人を立てて交渉をする方が多く、それぞれの代理人が初めに話をして、交渉を行っていくということが珍しくありません。

もちろん当人通しで行われる場合もありますが、その場合、被害者から法外な値段をふっかけられ、なす術なく支払いをすることになるという可能性も大いにありますので、注意が必要です。

次に、示談交渉が成立したら、示談成立書作成を行い、具体的な部分を詰めていき、実際に示談を行う段取りが踏まれていきます。口約束だけでは法律的根拠が無いため、必ず示談成立書を交わすことが基本となると言えるでしょう。

そして、示談成立書に基づいて、賠償金支払いや、謝罪など、実際に取り決めをしたことを行っていきます。こちらを違反すると示談が決裂し、別途賠償金などが発生してきますので、注意をしないと余計に責任が発生してしまいます。主に、このような流れで、示談交渉が進んでいくと言えるでしょう。

LINK・・・交通事故被害者救済サイト
└交通事故発生~示談成立の流れについて説明している法律事務所のサイトです。

 

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén