示談をする際方法としては、示談を当事者同士で行うというものと、それぞれ代理人を立てて行うという方法、主に二つの方法があげられます。それぞれには、このような特徴があると言えるでしょう。

まずはじめに、当事者同士で示談を行う方法ですが、こちらの場合は近年では少ないケースと言えますので、あまりないかもしれませんが、当事者同士で一対一ではなく、それぞれ証人となる方を連れて、話し合いを進めることが一般的であるとされています。
当事者同士ですと感情的になることも多く、話し合いがこじれてしまうと示談が成立しない可能性がありますので、注意が必要だと言えるでしょう。

次に、代理人を立てて示談交渉を行う方法です。それぞれが、保険会社の方や弁護士など、代理のプロフェッショナルを通して交渉を行っていく方法で、第三者が間に入る分、交渉がスムーズに進む可能性が高く、多くの場合、当事者だけではなく、こうした代理人の方が間に入るケースが多いと言えるでしょう。
あくまで客観的に、それぞれの意見を代弁して話し合いが行われますので、示談が成立ししやすいという点も一つの特徴です。このように、主に二つの方法で示談交渉は進められることが多いでしょう。