交通事故が起きた際に、被害者側と示談交渉を行う選択をされる方は少なくありません。示談が成立すれば、被害者に賠償金を支払い、刑事的責任が問われないケースがほとんどですが、示談を行う際には、主にこのような流れで示談交渉が行われるでしょう。

まず、示談交渉は、保険会社の人間や弁護士を通して行われることが多いと言われています。こうした交通事故のプロフェッショナルを通して話を行わないと、まとまるものもまとまらなくなる可能性が高いためです。反対に被害者側も、こうした代理人を立てて交渉をする方が多く、それぞれの代理人が初めに話をして、交渉を行っていくということが珍しくありません。

もちろん当人通しで行われる場合もありますが、その場合、被害者から法外な値段をふっかけられ、なす術なく支払いをすることになるという可能性も大いにありますので、注意が必要です。

次に、示談交渉が成立したら、示談成立書作成を行い、具体的な部分を詰めていき、実際に示談を行う段取りが踏まれていきます。口約束だけでは法律的根拠が無いため、必ず示談成立書を交わすことが基本となると言えるでしょう。

そして、示談成立書に基づいて、賠償金支払いや、謝罪など、実際に取り決めをしたことを行っていきます。こちらを違反すると示談が決裂し、別途賠償金などが発生してきますので、注意をしないと余計に責任が発生してしまいます。主に、このような流れで、示談交渉が進んでいくと言えるでしょう。

LINK・・・交通事故被害者救済サイト
└交通事故発生~示談成立の流れについて説明している法律事務所のサイトです。